2007年06月09日

台所のおと

台所のおと 幸田文

俺は人間、一番肝心なのは“感性”だと思っている。

そして、
“感性”と聞いてまず思い浮かぶのは、幸田 文(こうだ あや)さん。

御存知の方も多いとは思うが、
そう、あの文豪幸田露伴の娘さんである。

舌を巻く感性とはこの人のことで、
この人の作品を読んでいると、
文章の上手さにも恐れ入るが、
なんといってもその感性の素晴らしさ

「こういう人もいるんだ・・・」

己の未熟さ、
というか“目の粗さ”をただただ痛感してしまう。

台所のおと」の表題作なんて圧巻だもんね。

俺はよく、“超能力”や“第六感”が欲しい〜〜〜とかなんとか思うのだが、
いやちょっと待て、“超能力”や“第六感”を欲しがる前に、
まず自分の五感と心をしっかりチューニングするべきだ!
と痛感する次第である。

  

Posted by taku0922 at 02:18