2015年07月31日

「ぶっちぎり35 〜オールタイム・ベスト」 

 
先日もお伝えした我々のNew Album

横浜銀蝿35周年&リーダー嵐還暦記念アルバム
「ぶっちぎり35 〜オールタイム・ベスト」

アマゾンはじめ、HMV、タワーレコード等で
予約が始まっています。

が、

そんな中、発売元のウルトラ・ヴァイヴから
アルバムのトレーラー第1弾が公開になりました。

まだヴィジュアルは内緒なので
ロゴの静止画ですが、
新曲がちょこっとだけ聴けますよ。

https://www.youtube.com/watch?v=6qN6k7eVTAY

ご覧下さい
(^-^)b






  

Posted by taku0922 at 02:20

2015年07月28日

渚のシンドバッド 

 
しばらく慌ただしかったので
ここぞとばかりに連日渚のシンドバッド(笑)


渚のシンドバッド


渚のシンドバッド
  
Posted by taku0922 at 01:53

2015年07月24日

「ぶっちぎり35 〜オールタイム・ベスト」

さていきなりで何なんですが、

先日レコーディングを終えたばかりの銀蝿の新譜。

横浜銀蝿35周年&リーダー嵐還暦記念アルバム
「ぶっちぎり35 〜オールタイム・ベスト」

が早くもアマゾンで予約開始になりました。

というわけで
アマゾンの商品内容の説明をコピペしておきますね。

内容紹介---------------------------------------------------------

祝35周年&嵐さん還暦!13年ぶり待望の新曲を含むオールタイム・ベストがリリース!

デビュー35周年を記念してメンバー自選によるオール・タイム・ベストがリリース。
しかも13年ぶりとなる新曲を3曲も書き下ろし収録。

翔入魂の新曲「愛の唄」はいまだからこそ伝えられる2015年型横浜銀蠅の愛のメッセージ。

リーダー嵐の還暦を記念した「俺の生きる道」は
「恋するフォーチュン・クッキー」の伊藤心太郎作曲による壮大な男のバラード。
先日の還暦記念ライブでは初披露してファンから喝采を浴びた。

「そのままで大丈夫〜Be yourself」はTAKUらしいウィットに富んだオマージュあふれるごきげんなロックンロール!

ベスト音源はデビュー曲「横須賀BABAY」から現在までの最新シングル「平成自動車SHOW歌」、
そして2002年夏季限定ユニット、湘南銀蝿名義の「渚のC.C.C.」まで全時代の代表曲を網羅、
オリコンTOP20を5曲のほか、嶋大輔で1位を獲得した「男の勲章」の銀蝿バージョン「男の勲章2002」まで
彼らの魅力がぎっしりつまったまさにベスト・コレクション!

ブックレットにはメンバー3人による鼎談形式の楽曲解説&銀蠅ヒストリーのほか貴重な写真なども掲載予定。

最新デジタル・リマスタリング

---------------------------------------------------------

発売は9/21予定なので、お楽しみに
(^-^)b

↓クリック

横浜銀蝿35周年&リーダー嵐還暦記念アルバム
「ぶっちぎり35 〜オールタイム・ベスト」

  
Posted by taku0922 at 07:35

2015年07月20日

7/20 

 
台風のあとだから?
せっかくの天気でもワカメだらけ(笑)


7/20


  
Posted by taku0922 at 23:58

2015年07月07日

7/5 戸塚公会堂 

 

リハーサル中

7/5 戸塚公会堂


本番中
7/5 戸塚公会堂


  
Posted by taku0922 at 10:59

2015年07月02日

銀蝿レコーディングにて 

 
ドラム終わってアツシ恒例居眠り中…


6/25 銀蝿レコーディングにて





  
Posted by taku0922 at 04:54

6/25 ジーナのジョニー 

 
6/25 ジーナのジョニー


今日は久々、ジーナのジョニーと会った。

2012/07/01に一緒にライブやって以来だから
丸々三年ぶりかな?

今どきRock'n Rollやってこなんて平成っ子はめったにいないし、
なおかつその中でカッコイイヤツなんてもっともっともっと少ない。

でも、さすがジョニー
歌もベースもメキメキ
んであいかわらずのマスクとスタイル。

ヤツには頑張ってもらいたいとホント思う。




  
Posted by taku0922 at 04:52

6/24 ラチエン リハ 

 
25年前のある晩、
「夜のヒットスタジオ」(古っ!)観てたら、
“Party Girl”という曲を演奏するラチエンが出ていた。
デビュー間際だったと思う。なぜか一発で好きになった。

翌週、当時俺が在籍していた日音の制作会議で、
各メーカーから売り込まれたたくさんの新人バンドの資料の中に
なんとそのラチエンがまじっていた。

もちろん即、担当の名乗りを上げた。
それがラチエンと俺とのなれそめ。

プロデューサーとして
たっくさんのアーティストと組んできたけど、
もちろん最長のお付き合い。

銀蝿と同じように、一度解散して復活した彼等。

だからよけいにわかるのかもしれない。

それぞれ環境や立場や歩み方が違い、
なおかつ年齢を重ね変化もしているメンバーでの
再度のチャレンジの面白さや難しさ。

でもね、

こうやって8人で集まってゴチャゴチャやってる事自体が、
すでに青春ど真ん中ですからね。

というわけで、よりワクワクする方向へ!
(^-^)b


6/24 ラチエン リハ 



  
Posted by taku0922 at 04:50